リンクの追加

キャプチャ画像

SIRIUSでコンテンツ(記事)を作成するとき、
通常はいずれか一つのカテゴリー内に配置します。

 

しかしながら、とあるコンテンツ(記事)をどうしても複数のカテゴリーに分けたいと思う時も
中にはあるでしょう。

 

たとえばカテゴリーAカテゴリーBという2つのカテゴリーがあったとして、
カテゴリーAには「複数のカテゴリーに属するページ例」というコンテンツ(記事)があったとします。

 

この記事をサイドメニューのカテゴリーBにも表示させたいとします。

(そこには”より多くの人の目に留まってほしい”という魂胆があったりもします)

 

キャプチャ画像

 

もっとも簡単なのは「複数のカテゴリーに属するページ例」というコンテンツ(記事)を
カテゴリーBにコピー&ペーストすることです。

 

しかし同サイト内に内容が全く同じページが複数あると
検索エンジン側に”重複コンテンツ”とみられて順位下降などのペナルティをくらう恐れがあります。

 

何より記事の修正が面倒でしょう。

 

こういった場合は『リンクの追加』を使うとカンタンに実現できます。


『リンクの追加』の使い方

使い方はシンプルです。

 

①SIRIUSのツリーメニューで新たに記事リンクを表示させたいカテゴリーBをクリックします。

 

②その後ツリーメニュー画面最上段にある『リンクの追加』アイコンをクリックします。

 

キャプチャ画像

 

③”リンクの設定”画面が開くので『内部ページ』をクリックして、
リンク表示させたい記事タイトル(今回は「複数のカテゴリーに属するページ例」)を選択します。

 

キャプチャ画像

 

④これでカテゴリーB内にカテゴリーAに属する「複数のカテゴリーに属するページ例」という記事と同一のタイトルとリンクが作成されます。

 

キャプチャ画像

 

実際にブラウザで見てみると全く同じ見栄えのリンクが違和感なく表示されます。

 

キャプチャ画像

”タグ”代わりに使う

『リンクの追加』にはこんな使い方もあります。

 

SIRIUSでコンテンツ(記事)を作成するとき、
通常はいずれか一つのカテゴリー内に配置するという話をしました。

 

しかしながらコンテンツ(記事)の中身によってはカテゴリー以外に
もっと細分化させて表示させたい場合もあるでしょう。

 

これがWordpressワードプレスなら”タグ”を使っての分類化が可能です。

 

カテゴリーとタグ

コンテンツ(記事)をジャンルごとに分けるのがカテゴリーで、
コンテンツ(記事)内での重要なキーワードで分けるのがタグになります。

 

通常一つのコンテンツ(記事)に対しカテゴリーは1つ、
タグは1~3つ程度の複数分類が可能です。

 

たとえば【SIRIUSのバックアップ】というエントリーページがあったとします。

 

そのコンテンツ(記事)は『SIRIUSの各機能』というジャンルのカテゴリーに属していたとしましょう。

 

一方、【DropboxにSIRIUSをインストールする方法】というコンテンツ(記事)があり、
『SIRIUSの1ランク上の使い方』というジャンルのカテゴリーに属してたとします。

 

ところが【DropboxにSIRIUSをインストールする方法】の記事にも付随情報として「Dropboxにバックアップするやり方」が書かれていた場合、バックアップに関する記事数は2つになります。

 

この時、どちらの記事にも『バックアップ』というキーワードで”タグ”付けすることができます。

 

しかしながらSIRIUSにタグ分類の機能はありません。

 

ここで役立つのが『リンクの追加』です。

リンクの追加を使えば疑似的なタグ分類表示が可能になります。

 

やり方としては、『バックアップに関する記事』などの名前でメニュー見出しを追加します。

 

続いて『リンクの追加』を使って、
バックアップ関連の内容が載ってる記事をすべて追加指定していきます。

 

最後に、それらのリンクタイトルを『バックアップに関する記事』という名前に変更した見出しメニューの後ろに移動させます。

 

これで『バックアップに関する記事』という疑似カテゴリー内に
バックアップに関する内容が載ってる記事のリストが一覧表示されるというわけです。

SIRIUSカスタムテンプレート【Volar】

キャプチャ画像

SIRIUS ver.1.5で大幅刷新された新テンプレートを元に、独自のカスタマイズを加えた改良型SIRIUSカスタムテンプレートが【Volar】です。

入手方法についてはコチラ↓をご覧ください

 この記事をシェア 
キャプチャ画像

PC版レイアウトに切替

スマホ版レイアウトに切替