モジュール機能

キャプチャ画像

SIRIUSには、複数のページで同じ文章(画像)を使い回すのに便利な「モジュール機能」が搭載されています。


モジュール機能の概念

例えば下記のような文章を複数のページに全く同じ文面で表示させようとしたとき、あなたならどうしますか?

『カスタマイズする際は、必ずオリジナルのバックアップをとっておきましょう』

 

最初に考え付くのは…コピー&ペーストでしょうか。

 

でもページごとにいちいちコピー&ペーストしていたのでは手間がかかります。

 

しかもあとになって一文字だけ修正する必要が出てきた場合、記載ページすべてを修正しなくちゃなりません。

 

こんな時こそモジュール機能が大いに役立ちます。

 

モジュールというのは「使い回し用の文言を予め登録しておき、それらを表示したい箇所に専用の独自タグを埋め込むことで、どのページでも等しく内容を表示できる」機能のことです。

 

モジュールにはテキストだけでなく画像や広告コードなどなんでも登録することができます。

作成方法

先ほどの『カスタマイズする際は、必ずオリジナルのバックアップをとっておきましょう』という文章をモジュール化してみます。

 

モジュール化に当たって個別のモジュール名が必要になってくるので、今回は”注意書き”というモジュール名で登録したとします。

 

モジュール設定画面はサイト全体設定→モジュールの設定で開きます。

 

最初に新規追加をクリックします。

 

キャプチャ画像

 

モジュール名を入力し、モジュール化したいテキストやコードなどを記述したあと「OK」をクリックします。

 

キャプチャ画像

 

モジュールが1個登録されました。

 

キャプチャ画像

 

サイトへの実装方法

ページ内で、モジュール内容を表示させたい位置で右クリックします。

 

「モジュールの挿入」→「注意書き」を選択します。

 

すると<% module(注意書き) %> と自動的に打ち込まれます。

 

これだけで、ブラウザ上ではモジュールに登録した内容がそっくり表示されます。

 

便利でしょ?

 

しかも修正が生じたときでもモジュールそのものを修正すれば、一括で全ページに反映されるため、ミスもなく時間もかからず効率的なサイト運営が可能になります。

モジュール設定画面では太字やフォントカラーなどの装飾も適用できます。

 

またモジュール機能は複数設定可能なので、必要ならいくつでも作れちゃいます。

 

CSV形式での保存(バックアップ)もできるので、別のサイトで使いたい時にも瞬時に使い回すことができます。

 

この機能は必ず覚えておきましょう。

ホントに便利ですから。

 

当サイトでもモジュールをいくつも使ってます。

 

モジュールやフリースペースでのテキストや画像の追加に関しては、基本的には『改行する』(フリースペース)や『改行タグを挿入する』(モジュール)で問題ありません。

pタグや画像タグを自動で付けてくれます。

キャプチャ画像

ただしスクリプト(簡易プログラム)タグ広告コードなどは上記選択だと正常に表示されないケースが出てきます。

そういう時は『改行しない』(フリースペース)や『改行タグを挿入しない』に変えるとうまくいきます。

その設定のまま新たにテキストや画像を組み込もうとするならHTMLタグでの(手動)pタグ補完作業が必要になります。

とはいえ初心者の方には”HTMLタグの追加”は敷居が高すぎます。

そういう時はコチラ↓の記事を参考にしてみてください。

割と簡単にミスなくHTMLタグ付き文章を半自動で作成することができます。

フリースペースやモジュールで簡単にHTMLタグを挿入するやり方

SIRIUSのフリースペースやモジュールでHTMLタグを使った簡単な記入方法をご紹介します。

SIRIUSテンプレート【Volar】

キャプチャ画像

SIRIUS ver.1.5で大幅刷新された新テンプレートを元に独自のカスタマイズを加えた改良型SIRIUSテンプレートが【Volar】です。

詳細および入手方法についてはコチラ↓をご覧ください

 この記事をシェア