※モバイル機器のみ有効→PC表示に切替 モバイル表示に切替

SIRIUSの内蔵プレビューで簡単iPhone(スマホ)チェック

キャプチャ画像

SIRIUS ver.1.5以降の内蔵プレビュー機能はかなり高機能となりました。

 

その機能の概要をご紹介します。


内蔵プレビュー機能とは

プレビュー機能というのは、実際にアップロードする前にブラウザでどのように表示されるのか前もって(pre)表示を確認(view)できる機能です。

(プレビューというアイコンをクリックするだけでOK)

 

実際にはPCに搭載されてるブラウザでの事前(仮)の確認作業になります。

(※システム設定でSIRIUSのプレビュー機能に変更することも可)

 

しかしながらiPhone(スマホ)等でどのように再現されるかはPCのブラウザでは確認が困難です。

 

”困難”というのは、やればできないこともないけど少々面倒でもあるという意味で、再現性もそれほど正確ではありません。

Sizzyなどのオンラインサービスを使うという手もあります)

 

その手間を省くためにSIRIUSには”内蔵”プレビュー機能というものが搭載されてます。

 

プレビューというアイコン上で右クリックすると出てくる「SIRIUS内蔵プレビュー」をクリックすると起動します。

 

システム設定でSIRIUSのプレビュー機能に変更済みの場合は、プレビューアイコンをクリックするだけで起動します。

”内蔵”というのは、SIRIUSのエンジンを使っての独自のプレビュー機能という意味であって、PCブラウザのみならずiPhone(スマホ)での表示もその場で確認(再現)できるとても便利な機能です。

 

しかしながらその再現性の精度はこれまでは正直イマイチという感じがしないでもありませんでした。

 

特にiPhone(スマホ)上の再現性は実際の表示とだいぶズレが生じていたものです。

 

プレビュー時の表示と実際にアップロード後の実機(PCやスマホ)での表示に大きな差があったのでは再度イチから修正し直しになっちゃいますから、プレビュー機能の再現度の高さはとても重要となります。

 

そうはいっても、どんなプレビュー機能も完全な再現は難しいです。

 

それでも多少の修正だけで済むのかイチから見直しになるのかでは、その後の作業効率に大きく影響してきます。

内蔵プレビュー機能が大幅アップデート

SIRIUSがver.1.5になったと同時に、スタイルシートの表記もCSS3を多用するようになりました。

 

同時に内蔵プレビューのブラウザエンジンもこれまでのInternet ExplorerからGoogle Chromeと同等のものに刷新されてます。

 

これまでの内蔵プレビューエンジンでは、より高機能になったCSS3の機能を再現できないからです。

 

CSS3というのはスタイルシートのバージョンのようなもので、装飾としての表現の幅が一気に広がりました。

 

たとえば四角い画像をブラウザ上で角丸で表示させたり、グラデーションなんかも割と簡単に導入可能になっています。

 

さらにこれまでスクリプト(簡易プログラム的なもの)を導入しないとできなかった動きのある描写もスタイルシートの設定だけで表現可能にもなりました。

 

スクリプトを使わないというのはブラウザ側での描写負荷が減るということでもあり、より読み込み速度が速くなるということにもつながります。

高い再現性

SIRIUSの内蔵プレビューを起動すると『プレビュー』『画面サイズ』などのメニューが出てきます。

 

『プレビュー』下には”携帯サイト””iPhoneサイト”などがぶら下がり、レスポンシブテンプレートを使っている場合は『画面サイズ』下の”PC(レスポンシブ)””タブレット” ”スマートフォン”などが選択できるようになってます。

 

キャプチャ画像

 

この”画面サイズの違い”によるプレビュー機能の再現性が秀逸なんですね。

 

たとえばこちら↓はPCブラウザでの表示比較ですが、ほぼ同じと言えます。

 

キャプチャ画像

 

iPhone(スマホ)上での再現性の精度もこれまでに較べて飛躍的に上がってます。

 

こちら↓はページトップのプレビュー画面と実機(iPhone8)での比較画像です。

 

キャプチャ画像

 

こうやってアップロード前のプレビュー時の表示とアップロード後に実機で確認したものを較べてみると、全体的な文字の大きさ程度の違いはあれどレイアウトがズレてるとかの大きな差はありませんね。

 

こちら↓は画面右上のハンバーガーボタン(三本線)をタップした時のメニュー表示時の比較です。

 

やはり大きな違いはないですね。

 

キャプチャ画像

 

こちら↓は囲み枠の装飾がかかった記事途中の比較画像。

 

やはり全体的な倍率の違い程度の差で、レイアウト崩れはありません。

 

キャプチャ画像

 

こちら↓は記事最後尾のいろいろな装飾機能が目白押しの部分です。

 

一部の特殊なスクリプトを除いては見事な再現力です。

 

キャプチャ画像

プレビュー更新機能が便利

再現性の高さだけでなく、さらに使いやすくなったのが「プレビュー更新」機能です。

 

これはプレビュー画面をチェックしてその後SIRIUSで修正した場合、このプレビュー更新ボタンをクリックすると即座に修正内容が反映されるというものです。

 

キャプチャ画像

 

これは内容の修正だけでなく、スタイルシートなどの修正時にも有効です。

 

いちいちプレビュー画面を起動し直さなくて済むのはホントに便利です。

(SIRIUSで修正後にプレビュー画面の更新ボタンをクリックしただけでは無反応ですが、2回クリックすれば反映されます)

 

そのほかにもいろんな機能が備わっているので、細かいところはあなたご自身で確認してみてください。

SIRIUSカスタムテンプレート【Volar】

キャプチャ画像

SIRIUS ver.1.5で大幅刷新された新テンプレートを元に、独自のカスタマイズを加えた改良型SIRIUSカスタムテンプレートが【Volar】です。

入手方法についてはコチラ↓をご覧ください

 この記事をシェア 
キャプチャ画像