SIRIUSのコメントアウトはソース上でも非表示

キャプチャ画像

『コメントアウト』というのは、ブラウザ上には表示されないけど、
”ソース”には表示されちゃうテキストのことを言います。

 

”ソース”とは?

ソースというのは、ページの何もないところで右クリックして表示される「ページのソースを表示(※Chromeの場合)」をクリックすると開くテキストだけのページのことです。

 

このテキストは<h1><p class="xxx">といった”タグ”を使って書かれたHTMLと呼ばれる特殊なテキストで、Internet ExplorerやGoogle Chromeといったブラウザが、ソースの”タグ”を解釈しながら見出しや段落、画像などを決められたレイアウトで表示させています。

 

SIRIUSの【テンプレート】→【テンプレート編集】で見ることのできるコード類も
ソースの一種です。

 

その中に<!-- ★ヘッダー画像エリアここから★ -->といった記述があるかと思います。

 

他にも<!-- ★コンテンツここから★ -->
というようなものもあるでしょう。

 

この<!-- ★★ -->ではさまれたテキストこそが
コメントアウトと呼ばれる機能になります。


ちょっと特殊なコメントアウトがそこそこ便利

コメントアウトされた箇所はブラウザ上には表示されません

 

いわばサイト作成時のあなただけの目印のようなものです。

 

たとえばヘッダー部分を少しカスタマイズしようと思ったとき、
もしも『<!-- ★ヘッダー画像エリアここから★ -->』といったコメントアウトがなかったとしたら
まずはヘッダー部分を探すところから始めなきゃなりません。

 

しかしコメントアウトがあればすぐに該当する場所を探し出すことができます。

 

しかもSIRIUSのコメントアウト機能には、
実は他にはないメリットがもう一つあります。

 

一般的にコメントアウトした部分はブラウザ上には表示されないもの、
ソース上では表示されてしまうものです。

 

しかしSIRIUSのコメントアウトはソース上にも表示されることのない
特殊なコメントアウトなんです。

 

そのため他人にいっさい見られることなく、
いろんなことをテンプレート上に記述することができるというわけです。

 

自分だけにわかる文章でざっくり書きなぐっても
ソース上には一切表示されないんですからこれは便利以外の何物でもないでしょう。

 

こんなSIRIUSの特殊なコメントアウトを有効活用するには
コメントアウトアイコンをクリックするのが確実で手っ取り早いです。

 

コメントアウトしたいテキストを範囲指定してコメントアウトアイコンをクリック

 

キャプチャ画像

 

そうやって変換されたコメントアウトが

<!-- ★このコメントアウトはソース上でも非表示★ -->

<!-- ★★ -->で挟まれたものになります。

 

逆に言えばこの法則から外れれば(★がなくなれば)
ソース上にわざとコメントアウトを表示させることもできます。

 

というかこっちの方が一般的なコメントアウトなんですけど。

 

<!-- このコメントアウトはソース上に表示される -->

 

あなたもこのコメントアウトの機能、うまく使ってみてください。

SIRIUSカスタムテンプレート【Volar】

キャプチャ画像

SIRIUS ver.1.5で大幅刷新された新テンプレートを元に、独自のカスタマイズを加えた改良型SIRIUSカスタムテンプレートが【Volar】です。

入手方法についてはコチラ↓をご覧ください

 この記事をシェア 
キャプチャ画像

PC版レイアウトに切替

スマホ版レイアウトに切替