※モバイル機器のみ有効→PC表示に切替 モバイル表示に切替

SIRIUSでアドセンス広告を正常に表示させる方法

キャプチャ画像

SIRIUSで作ったサイトにいざアドセンス(Google Adsense)広告を載せようと取得したタグ(コード)をコピー&ペーストしたのに、正常に表示されなくて困ったという経験はありませんか。

 

これはすぐに解決します。


独自タグ「noReturn」

例えば下のようなアドセンスタグ(コード)を取得したとします。

 

コード

<script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
・・・
・・・
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

 

ワードプレスならこのままコピーペーストするだけで終了です。

 

しかしSIRIUSで作ったサイトにアドセンスタグ(コード)をコピー&ペーストしたのに広告がちゃんと表示されない場合があります。

 

この場合、SIRIUSの独自タグ『noReturn』~『/noReturn』で囲んでやるとうまくいきます。

 

『noReturn』~『/noReturn』は改行無視エリアと呼ばれるSIRIUSの独自タグです。

 

このタグで囲われた部分は<p>タグなどが自動補完されることはありません。

 

やり方はアドセンスタグ(コード)を全選択右クリック→タグ挿入→改行無視エリアと選んでいくだけ。

 

上記のやり方にならって修正したコードがこちら↓。

(※右クリックを使わず普通に手打ちしてもいいですが、スペルを間違わないように)

 

コード

<noReturn>
<script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
・・・
・・・
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>
</noReturn>

 

アドセンスに限らず、アフィリエイトリンク全般で使われるスクリプトタグやラベルタグなどはだいたいがこの方式でうまく行きます。

 

フリースペースなら”改行設定”を「改行しない」、モジュールなら”改行タグの挿入”を「挿入しない」に設定した場合は<noReturn>タグは必要なく、コードをそのまま貼り付けるだけでOKです。

SIRIUSカスタムテンプレート【Volar】

キャプチャ画像

SIRIUS ver.1.5で大幅刷新された新テンプレートを元に、独自のカスタマイズを加えた改良型SIRIUSカスタムテンプレートが【Volar】です。

入手方法についてはコチラ↓をご覧ください

 この記事をシェア 
キャプチャ画像