adxs.txtのSIRIUSでの設置場所

キャプチャ画像

アドセンス広告を取り入れてるサイトならやっておきたい設定の一つにads.txt(アズ テキスト)の設置があります。

 

そもそもads.txtが何かという話はこのあとご紹介しますが、SIRIUSの場合ちゃんとした場所に設置しないとサイト生成ごとに手動でアップロードしなきゃならなくてとても面倒です。

 

今回はどこに設置すべきかその場所をご紹介します。


ads.txtとは

このads.txtが何かって話なんですが、正直私も詳しいことはわかりません。(涙)

そもそも運営するサイトに広告を出してない方にとってはこのページの内容は全く関係ない話になるってことだけ先に申し上げておきます。

 

かいつまんで「ads.txtとは何か」って話をしますと、

悪意を持った第三者があなたのサイトを装って(なりすまして)実際に広告が掲載されているかのようにふるまって、本来ならあなたに支払われるはずの広告報酬をだまし取るのを防ぐためのテキストファイル

ということでして…。

 

もっと平たく言うと

ads.txtを設置しておけば、不正に広告が掲載されても報酬をかすめ取られることはなくなる

ってことです。

 

つまるところ、広告をサイトに掲載している人ならads.txtは設置しておいた方がいいよということなんでしょう。(かなりいい加減)

 

たとえばGoogleアドセンスの広告をサイトに設置している人は多いと思います。

 

管理画面、たまに覗いてますか?

気付いたら下のようなアラート(※上の赤枠部)が出てたりしませんか?

 

キャプチャ画像

 

これはads.txtが設置されてないか設置場所が間違っててアドセンス側で認識できてないかのいずれかの場合に出現するものかと思われます。

 

無視してても何らかのペナルティが課されることはないと思いますが、アラートがずっと出てるのはあまりいい気分ではないでしょう。

 

そこでアドセンスのads.txtを例に設置方法をご紹介していきます。

ads.txtの取得方法

ads.txtの中身は厳格な書き方があるそうですが、アドセンスに限っては先ほどの画像の”ダウンロード”をクリックするとads.txtが取得できるのでとても簡単です。

 

実際にダウンロードしたads.txtの中身はこんな感じになってます。

xxxx...の部分は実際には固有情報が載ってます)

 

google.com, pub-xxxxxx, DIRECT, xxxxxxxx

 

たったこれだけです。(笑)

ads.txtの設置場所

ようやく本題です。

前置きが長かったですね。

 

このads.txtですが”サイトのルートレベルのドメインにアップロードしなさい”とあります。

 

ルートレベルというのはSIRIUSのフォルダやファイル群が置いてある最上位の階層になります。

 

わかりやすいところで言えば、サイト生成先をクリックして開いた場所がルートレベルに該当します。

 

じゃあそこにads.txtをコピー&ペーストしておけばいいのかというと、正解でもあり不正解とも言えます。

 

というのもサイト生成先に一度ads.txtを設置した状態でサイト生成を繰り返す分には何の問題もありません。

 

しかしながらサイト表示がおかしくなったとかでサイト生成先のファイルを一掃してからあらためてクリーンなサイト生成をやった場合は、再度ads.txtを設置(コピー&ペースト)する必要が出てきます。

 

これはちょっと面倒だし、設置し忘れなんてケースも出てくるでしょう。

 

できることならサイト生成時にはどんな状況でも常に自動でads.txtを生成してくれるのがありがたいですよね。

 

これはads.txtを以下の場所にコピー&ペーストしておくことでことは解決します。

SIRIUSインストールフォルダ(通常は「ACES WEB」という名前のフォルダ)→dataフォルダあなたが作成したサイト名のフォルダtemplatesフォルダ内にコピー&ペースト。

 

これで今後はads.txtのことは忘れちゃっても問題なし。

 

なおads.txtはアドセンスのアカウントが同一のサイトであれば使い回しして使えます。

SIRIUSテンプレート【Volar】

キャプチャ画像

SIRIUS ver.1.5で大幅刷新された新テンプレートを元に独自のカスタマイズを加えた改良型SIRIUSテンプレートが【Volar】です。

詳細および入手方法についてはコチラ↓をご覧ください

 この記事をシェア